よ り 美 し く す こ や か な 素 肌 へ ・・・
空白
ワミレスサロンシャルマンベルは、
空白
JR南武線と東急田園都市線・大井町線が交わる
空白
溝の口にあるワミレス認定のサロンです。
空白

ただいまお客様とスタッフの健康と安全に配慮し、新型コロナウィルス感染症予防対策を講じながらの
営業となっております。詳しくは「シャルマンベルの感染症予防対策」(←クリック)をご覧ください。


2019年07月12日

THE!梅・雨

今年は梅雨らしい、どんよりした天気が続いております。

何気なく使っている「梅雨」という言葉ですが…
「雨」はわかるけど、どうして「梅」を使うのでしょうか?

もともとの由来は、中国にあるといわれています。
中国の揚子江周辺では梅の実が熟す頃が雨期にあたり、
「梅」の字を使うようになったとされているようです。
中国から伝わった時は“梅雨=ばいう”
という読み方をしていたそうですが
江戸時代あたりから“梅雨=つゆ”と読むようになったそうです。※諸説あるみたいです。

由来は「露(つゆ)」から派生した「梅雨(つゆ)」
6月〜7月にかけては雨がたくさん降り
木々に露がつくことから「梅雨(つゆ)」というようになった、という説や
熟した梅の実が潰れることから「潰ゆ(つゆ)」が
「梅雨(つゆ)」になったという説があるようです。

ここのところ梅雨寒傾向が続いていますが、
この時期急に暑くなったり、気温の差が激く体の調節が難しくなり、
体調不良などに陥りやすくなります。
また雑菌も繁殖しやすくなるなど、ニキビや吹き出物の肌トラブルも起こしがちです。

ベタベタ&ジメジメしてスキンケアの気分も乗らないかもしれませんが
梅雨が明けたら、夏の高温や紫外線の影響を受けて
さらにダメージを受ける季節が到来します。
こんな時期だからこそ、お肌のお手入れを見直して素肌力を高めておきましょう。

おすすめはこちらっ
   

ビオセルバイタライザーαU

BiocellαUSummer.jpg

いつものケアにプラスしてトータル肌力UP
旬の食材は身体に良いと言いますが(笑)
梅の季節に、ウメから生まれた美容液でパワーチャージしましょう

抗酸化
抗糖化
抗炎症
メラニン生成抑制
ヒアルロン酸産生促進 など

多角的にお肌へのはたらきかけが期待できますよ〜

洗顔後、朝晩5プッシュ以上お顔全体に塗布してくださいね。
少量を長く使うより、適量をしっかり使って肌の力を一気に高めるほうが効果的。
グッと肌力を高めたら、それをキープするのがポイントです


posted by staffy at 17:21| Comment(0) | 季節のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。